後遺症認定時には弁護士に相談を

交通事故後遺症が認定された場合、そのまま保険会社が提示する条件で納得せず、まず弁護士に相談をされることをおすすめします。これは、実際に算定される金額よりもかなり大きな金額を相手側に請求できる可能性があるからです。経済的な側面を比較するのであれば、弁護士基準で後遺症認定の損害を請求する場合、逸失した将来の仕事に対する補償としてのライプニッツ係数の計算方法やその他、条件もかなり違ってきます。

後遺症が認定されている場合、交通事故専門の弁護士であれば、比較的よい条件で被害者の相談に応じてくれますし、着手金なども配慮して案件を引き受けてくれる傾向にあります。これは、被害者側が実際にもらえる金額は相手側が提示した示談の総額よりも、弁護士に相談することによって、最終的に受け取れる金額が大きくなることは珍しくありません。

後遺症が認定されたときには、これ以上不利益にならないためにも、まず専門の弁護士に相談をされることを検討されてみるとよいでしょう。後遺症の等級にもよりますが、後遺症が大きく、等級が大きな場合には金額にすると弁護士に相談するほうが数百万円から1千万円以上も違う場合があるため、安易な示談をする前に相談を検討してみてください。

<関連リンク>交通事故 示談

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket