弁護士に交通事故の示談の相談をしてからでも遅くない

相談交通事故の被害に遭った場合、最終的に示談をするとしても、果たして「妥当かどうか」ということは法律の専門家でなければ簡単にはわかりません。不当な条件を交通事故の被害に遭い、加害者側の保険会社からつきつけられ、そのまま示談をしてしまうと、正統な被害の請求を十分にできない可能性があります。当サイトでは、交通事故の被害に遭ったときに、示談をする前に弁護士に相談する利点や、どのようなときに相談するべきかをご紹介しています。

交通事故の被害に遭った場合、実際に何を請求すればよいか分からず、保険会社の主張を全て認めてしまい、示談をしてしまうことも珍しくありません。特に後遺症が認定されている場合には、保険会社から提示されている金額よりも最終的に受け取ることができる慰謝料の金額がかなり大きくなることも十分に考えられます。もし、納得がいかない条件で示談を提示されている、保険会社の説明があいまいで理解できない、ということがある場合、交通事故の専門の弁護士に一度、相談されてみることも一つの方法です。

<交通事故の被害に遭ったときには、実際に慰謝料を計算する方法は、自賠責基準や保険会社基準、弁護士基準と算定方法が違います/span>。示談では保険会社が独自に算定した基準から請求をされている可能性がありますので、過去の判例から算出された弁護士基準よりも低い設定になっていることが一般的です。交通事故の被害に遭い、経済的に不利益にならないためにも、示談を締結する前に一度、相談してみるとよいでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket