弁護士に任せる利点

電卓弁護士に任せる利点としては「最終的に受け取れる金額」が大きくなる点にあります。保険会社の基準や自賠責基準が実際に受け取れる慰謝料などの補償の総額であると、交通事故の被害に遭った方は勘違いしている場合もあるでしょうが、実際に裁判になったときには、その金額よりも大きな金額を弁護士基準で計算すれば受け取れることも珍しくありません。

これは、自動車の車検時に強制保険となる自賠責保険の基準と、任意保険による保険会社の提示する金額と、弁護士基準となる通称「赤い本」および「青い本」と呼ばれる基準は違うことに理由があります。交通事故は過去に多くの判例があり、過失割合や休業損害、後遺症が認定されたときの逸失利益である損害をライプニッツ係数で算出する方法など、弁護士基準は、保険会社が提示した基準よりも確実に大きな総額として相手側に請求することができます。

この点を考えると、安易な示談をしてしまうと、後で簡単に覆すことができず、被害者にとって不利益になってしまう可能性も十分にあります。示談に関しては、安易に妥協せず、正しい主張をして、正統な補償を受ける方法もあります。そのためには、法律の専門家である、交通事故専門の弁護士に相談することが最良の方法です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket