後遺症認定時には弁護士に相談を

交通事故後遺症が認定された場合、そのまま保険会社が提示する条件で納得せず、まず弁護士に相談をされることをおすすめします。これは、実際に算定される金額よりもかなり大きな金額を相手側に請求できる可能性があるからです。経済的な側面を比較するのであれば、弁護士基準で後遺症認定の損害を請求する場合、逸失した将来の仕事に対する補償としてのライプニッツ係数の計算方法やその他、条件もかなり違ってきます。

後遺症が認定されている場合、交通事故専門の弁護士であれば、比較的よい条件で被害者の相談に応じてくれますし、着手金なども配慮して案件を引き受けてくれる傾向にあります。これは、被害者側が実際にもらえる金額は相手側が提示した示談の総額よりも、弁護士に相談することによって、最終的に受け取れる金額が大きくなることは珍しくありません。

後遺症が認定されたときには、これ以上不利益にならないためにも、まず専門の弁護士に相談をされることを検討されてみるとよいでしょう。後遺症の等級にもよりますが、後遺症が大きく、等級が大きな場合には金額にすると弁護士に相談するほうが数百万円から1千万円以上も違う場合があるため、安易な示談をする前に相談を検討してみてください。

<関連リンク>交通事故 示談

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

弁護士に任せる利点

電卓弁護士に任せる利点としては「最終的に受け取れる金額」が大きくなる点にあります。保険会社の基準や自賠責基準が実際に受け取れる慰謝料などの補償の総額であると、交通事故の被害に遭った方は勘違いしている場合もあるでしょうが、実際に裁判になったときには、その金額よりも大きな金額を弁護士基準で計算すれば受け取れることも珍しくありません。

これは、自動車の車検時に強制保険となる自賠責保険の基準と、任意保険による保険会社の提示する金額と、弁護士基準となる通称「赤い本」および「青い本」と呼ばれる基準は違うことに理由があります。交通事故は過去に多くの判例があり、過失割合や休業損害、後遺症が認定されたときの逸失利益である損害をライプニッツ係数で算出する方法など、弁護士基準は、保険会社が提示した基準よりも確実に大きな総額として相手側に請求することができます。

この点を考えると、安易な示談をしてしまうと、後で簡単に覆すことができず、被害者にとって不利益になってしまう可能性も十分にあります。示談に関しては、安易に妥協せず、正しい主張をして、正統な補償を受ける方法もあります。そのためには、法律の専門家である、交通事故専門の弁護士に相談することが最良の方法です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

安易な示談の危険性

けが人安易な示談をしてしまうと、示談は「一度双方に納得して条件を決めてしまうと、後で覆せない」という条件があります。そのため、後で後遺症や慰謝料の増額を相手側に請求したとしても、原則として認められないことになります。これは大変な不利益を被害者側が被る危険があることを十分に認識しておかなければなりません。特に、後遺症が認められるような大きな被害がある事故にあったときには、注意をしなければならないでしょう。

示談に関しては、民事上の行為となるため、特に制約はなく、加害者、もしくは加害者側の代理人である保険会社と被害者との話し合いによって決められることになります。このときに法的な知識がなければ「自分が被った被害は一体、どの程度の金額になるのか」ということを正しく算出することは難しいでしょう。

もし、示談内容で「休業が長く続いているにもかかわらず休業損害が認められない」などの理不尽な条件がある場合、安易な示談は決して望ましいことではありません。そのような状況に陥る前に、正しい主張をして相手側に請求をすることは望ましいことといえます。納得がいかない条件を示談で提示されているなら、早い段階で弁護士に相談することをおすすめします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

弁護士に交通事故の示談の相談をしてからでも遅くない

相談交通事故の被害に遭った場合、最終的に示談をするとしても、果たして「妥当かどうか」ということは法律の専門家でなければ簡単にはわかりません。不当な条件を交通事故の被害に遭い、加害者側の保険会社からつきつけられ、そのまま示談をしてしまうと、正統な被害の請求を十分にできない可能性があります。当サイトでは、交通事故の被害に遭ったときに、示談をする前に弁護士に相談する利点や、どのようなときに相談するべきかをご紹介しています。

交通事故の被害に遭った場合、実際に何を請求すればよいか分からず、保険会社の主張を全て認めてしまい、示談をしてしまうことも珍しくありません。特に後遺症が認定されている場合には、保険会社から提示されている金額よりも最終的に受け取ることができる慰謝料の金額がかなり大きくなることも十分に考えられます。もし、納得がいかない条件で示談を提示されている、保険会社の説明があいまいで理解できない、ということがある場合、交通事故の専門の弁護士に一度、相談されてみることも一つの方法です。

<交通事故の被害に遭ったときには、実際に慰謝料を計算する方法は、自賠責基準や保険会社基準、弁護士基準と算定方法が違います/span>。示談では保険会社が独自に算定した基準から請求をされている可能性がありますので、過去の判例から算出された弁護士基準よりも低い設定になっていることが一般的です。交通事故の被害に遭い、経済的に不利益にならないためにも、示談を締結する前に一度、相談してみるとよいでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket